昨年までは、午後に開催していた夏祭りを一日通して開催いたしました。

午前には、近隣の園児を招待して、園児からの出し物や園児と利用者様が一緒になり風船バレーや玉入れを行いました。

昼食では、食事のテーマを≪涼≫とし、新潟の夏を感じていただく献立を厨房と職員が一緒に考え、流しそうめんや枝豆、トウモロコシンなど食していただきました。

午後は、新潟市で大活躍しているボランティア団体にお越しになっていただき華麗なるダンスを披露して頂きました。

おやつの時間には、スイカ割に利用者・職員に挑戦してもらい最後の涼を感じていただきました。

利用者の様々ところで、笑顔や笑い声が聞こえてきて、事前準備を頑張ってきた職員等にも笑みがこぼれていました。

毎年、昨年よりワンアップしてきているので、来年もどのようなワンアップが見れるか今から楽しみです。